店舗解体とは

閉店・リニューアル・業種変更などの理由によってお店の内装を部分解体、または解体撤去・破棄することを指します。特にテナント(賃貸借契約)の場合は、返却時に内装の解体・撤去・破棄をしなければなりません。主に天井・床・壁などを元通りにしていきますが、飲食店ではカウンターや厨房機器、美容室では棚やシャンプー台、オフィスでは空調設備などの解体も行います。同時に電気・ガス・水道・電話など設備の修繕も行うことが義務付けられています。

まちがった店舗解体はムダなコストにつながります!

無料見積はこちらから
無料見積はこちらから

内装解体とは

空間作りのために施した建物の内装を解体・撤去・破棄する工事を言います。一般的にはアパレル、雑貨などを扱う店舗やオフィスなどのテナント物件を元通りにすることを指すことが多いですが、賃貸マンションの一室を元通りにする場合やテナント店舗の棚の一部を解体する事なども該当します。

まちがった店舗解体はムダなコストにつながります!

無料見積はこちらから
無料見積はこちらから

スケルトン解体・原状回復とは

基本的には、内装をすべて撤去し建物の躯体をむき出しにした状態を「スケルトン工事」「スケルトン渡し」と言います。建物の構造部分以外のパーツを解体・撤去・破棄・修繕する工事を指したりします。ただ内装を元通りにするだけでなく、設備の修繕をも行うのがスケルトン工事・原状回復の特徴です。

まちがった店舗解体はムダなコストにつながります!

無料見積はこちらから
無料見積はこちらから